テーマ:ウオーキング

京都

年末に本を整理していたら、関西一円をめぐるウオーキングコースが載った本がでてきた。おなじ歩くならすこしでも遠くの見知らぬところにこしたことがない。それに阪神と阪急の乗車キップがときたま手にはいることでもあり、本にあるコースを歩きたくなった。 先日には阪急の京都沿線の長岡天神というところを歩くはずだった。2つ手前の駅でおりるとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月あれこれ

正月の門松のたぐいだろうか。わざわざ人がくれたので家にいれようとしたら、外に出しておくのだそうだ。よくある魔よけであるとか、福を呼びこむためのものだろうか。まあ飾りとおもえばにぎわいにもなるのだろうから、べつに風習にこだわることもない。 今年はくれの31日が日曜日だったので、1日の新年礼拝とかさなったこともある。それでどうとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄塔

世間は連休ということで家にいても外にでても、それらしいゆったり感というかのんびりした雰囲気がなんとなくただよっている。ちかくに幹線道路が走っているし、たぶんふだんより車がすくなくて静かなことがある。それにしても年じゅうが休日で仕事をしているわけでもないから、祭日や連休とかにしてもまったく関係がない。 というよりぎゃくになんとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西宮から芦屋

台風16号が四国をかすめて通過していった。夜なかにはげしい雨がふっていたようだったけど、朝には小雨がふったりやんだり、市内ははやくから警報がでていて学校などは休校になったらしい。雨がやんだあいまにいつものように外を歩いたが、ただ気温がひくくなって半そででは寒く、くつ下もはかずにいられなかった。 きのうは休日で敬老の日というので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足の向くまま

先日の大阪の最高気温は38℃をオーバーしたという。お昼に用事で外にでかけたけど太陽の日ざしが焼きつくようで、気温が体温よりたかくなるとはふつうではない。かりに水位にたとえれば、水が上からながれず逆流するようであり、これでは水がよどむばかりでなく汚水がひろがり、どおりで水槽の金魚も全滅してしまった。 まるでぬるま湯につかっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テクシー

いつものように朝ラジオ体操をしに公園にいく。ところがどうしたことだろう、きょうはだれもきていない。寒くなってくるといつまでラジオ体操をつづけるのかということがある。慣例で去年はどうだったのかといってもだれもおぼえていない。それでとりあえず12月の中ごろまでということに先週きめたばかりだった。 日中は暖かくなることはあっても朝と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩こう

電車に乗っても座席にはすわらない。たかだか10分か30分もながく乗っていることはないのだ。エレベーターは乗らないで階段をつかう。自転車もいそぐとき以外は乗らないで少々の距離でも歩く。もちろん疲れているときや状況によりけりだけど足は立つために、歩くためにこそ身体にそなわっているはずである。 それに家にいるときのほとんどはすわった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有馬の湯

子どもの成長ははやく、とくに中学生ぐらいになるとひと月ほども見ないうちに一段と背丈がのびて目をみはることがある。一方歳をとってくると人は小さくなるようである。人間とはちがうけど大自然にしても変動があるようで、なんでも阪神大震災で六甲山が12㎝ほど高くなったというし、ちなみにびわ湖の大きさがこの10年ほどで3㎝ほど縮んだとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひこうき雲

猛暑ということばはもう聞きあきるほどで、暑いというだけで十分なのに、そのうえに猛烈の猛がつくから並の暑さではないのだろう。ただ猛暑があたりまえになってしまったら、猛暑も猛暑でなくなってしまうのではないか。わざわざ暑さに形容詞までつけなくても暑いのは暑い。 暑がりの人には申し訳ないけどどういうわけか、いっこうに暑いことが苦になら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山

たしかここ数年、年が明けたら六甲山に登っているはずだ。歳をとると年々体力が落ちていくにちがいない。それで体力テストのつもりでもある。まだ山登りができるのであれば、一応合格ということになるだろうか。 1年は長いのだから、べつにこの時期でなくてもいつでもいいわけである。でもそうなるとかえって延びのびになってしまう。なんでも早いほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩きぞめ

1人で歩いているときはともかく、他の人といっしょのときは歩調を合わせないといけない。相手によっては遅くてイライラすることもある。ほとんどかけ足でついていくこともある。 ちょっと的はずれかもしれないけど、時間とか月日との関係でも似たような感覚がある。というのも、あまりにも速いスピードで過ぎるのでついていけず、ひとり取り残されてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄人

朝起きるのがつらい。それは眠いからではなく、機械の油が切れたというか、身体の節々がガタガタなのだ。歳をとるというのはこういうことなのだろう。 目はすっきり覚めているので、勢いをつけて起き上がる。しばらくして無理にでも、やはり外に出て走りだす。でないと1日がはじまらないし、2キロほどをいつまで続くだろう。 歩くことにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩け歩け

あまり人前に出たくない。できたらだれとも会わずに自由気ままに過ごせたらいい。でもそうもいっておれない。今日は小さな集まりがあって大阪に出かけた。 どうせならべつの楽しみがあってもいい。ほんとは電車とバスを乗り継ぐところを、バスには乗らずに歩いていくことにした。地図でたしかめたら1時間ほどの距離だ。 それで昼食もそこそこに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山越え

正月は普段より食べ過ぎてしまった。せっかくのおめでたい日であるから、気がゆるんだこともある。何よりいつもよりはご馳走なので、食欲をおさえられなかったのだ。 それにおせち料理だろうか、二人だけなのでなかなか減らない。正月が過ぎてもせっせと食べることになった。破棄するのは忍びないし、なかば無理やりだった。 お腹の張りぐらいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかぎれ

歩いたり走ったりしていると左のかかかとの後ろがちくちくと痛い。くつ下を脱いで見てみたら、なんとあかぎれをしている。まさかのまさかだ。 あかぎれとかしもやけといえば、もう絶滅したぐらいに思っていたのだけど、どうしたことだろう。氷点下になるような寒さでもないし、でもちょっと油断していたのかもしれない。 風呂も毎日入るわけでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランナー

銀行でカードからお金をおろすとき、毎回暗証番号を変えろという警告がでる。ずっと生年月日のままだから親切心からなのだろう。カードはあまり持ち歩くこともないので、ずっと放置していたのだ。 一つは変更する手続きが面倒なのだろうと思っていた。でもあまりにもうるさく端末からおしかりを受けているようでもある。それでやっと先日変更したのだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウ

毎日少なくとも1万歩は歩きたい。カウントするのが万歩計というくらいだから、最低水準のノルマにちがいない。ただ家のまわりを公園のあるコースを、朝夕歩いても半分ほどにしか届かない。 それで日中もどこかに出かける必要がある。それも行き先に何か目的があったら申し分ない。わけもなくぶらぶら歩くのは、どうもボケの混じった徘徊とまちがわれそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わき道

43号線の地下道をくぐって南に向かう運河沿いは、絶好のウオーキングコースになっている。まわりは工場街だけど、普段は人もほとんど通らず、ひっそりと別世界のようだ。 とはいっても、河面とコンクリートの壁面が続くだけで、まわりに見るべきものは何もない。ときおり魚が飛びはねたりするのと、たまにカワウとかの鳥を見かけるぐらいだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱自転車

最近あまり自転車を乗らなくなった。市民農園をクビになったので、乗る必要もなくなったこともある。たいがいのところへは歩行でこと足りるし、なるべくなら乗りたくない。 というのも、自転車がほんとうに便利で、歩くよりも楽な乗り物というのに疑問を感じている。たしかに、歩くよりは速いにちがいない。でもそれは急ぐという、特別な事情のときにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金魚

図書館で小説を2冊借りていた。返却日が今日なのにまだ読み残している。なにがなんでも読まなければと、午前中にやっと読み終えることができた。 決して退屈するような内容ではない。それなりに面白いのだけど、数ページ進むとうとうと眠ってしまう。すぐにまたパッと目が覚めてまた読みはじめる、のくり返しだった。 暑さのせいもあるのだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

布引の滝

徘徊ぐせでも、毎回家のまわりをウロウロしていては新鮮さがない。例の沿線散歩というマップがある。2年前のだけど、いずれかのコースを歩いてみよう。 東か西か、駅に向かうまで決めかねている。できるだけ近くがいい。ふと目にとまったのが布引の滝、なんとなく涼しそうだ。セン○ープールの神戸方面のホームに立つ。 スタート地点は岩屋であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地図めぐり

どうしたことだろう、夜中の2時頃に目が覚めて、そのあと眠れなくなった。いつもなら日中はよく身体を動かしているから、パタンキューで熟睡するのに。 それですごく不安な気持ちになった。孤独のきわみをちょっと覗くような感じだろうか。手もとの雑誌を読んでみたりするけど、集中できず、眠れないまま朝を迎えた。 もし病院などに入院するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静寂

近くの公園の横をリュックを背負った人たちが大ぜい、ぞろぞろと歩いていく。阪神の尼崎から武庫川に向かっているという。大阪からきたウオーキングのグループだそうだ。 わざわざ遠くからこんなところにやってくる物好きな人たちだと思ったけど、そうでもないのかもしれない。43号線の地下道をくぐって南に少し行くと、まるで別世界だからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道どこまでも

朝、床から起き上がるとき、まるで使い古してガタガタになった機械のようだ。重いよろいを着けているみたいという人もいる。なにしろ、もう70年以上も休むことなく動いている。 でも、しんどいからといって甘やかしてもいけない。一度怠けぐせがついたらいうことが効かなくなる。止まってしまって放っておいたら、さび付いてしまうのは人も機械もかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲越え

正月の駅伝に刺激を受けたわけではないけど、急に山登りを思いたった。芦屋から六甲の山頂に出て、有馬に抜けるコースだ。前回からは2、3年はたっているはず。 朝になってからリュックに、とりあえずは傘、寒さ対策に衣類を1枚、カメラとお茶のペットボトルを詰めこむ。あとラジオや帽子にメガネ、マフラー、ハンカチなど、それに財布、弁当はコンビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショッピング

寒くなってきたけど、よく外を出歩いたりする。1日ずっと家の中にいるのは、ときに耐えられない。犬や猫にしても、散歩しないとストレスがたまるそうだから、その気持ちがよくわかる。 ただ歩くだけでもいいのだけど、それだけではつまらない。できたら、何かの用向きにかこつけて出かけるのがいちばんいい。それもできるだけ遠くへ。 とはいっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国街道

人があまり歩かなくなったのは、電車や自動車などができてからだろう。時代劇を見るまでもなく、それまではカゴか馬ぐらいだったから、どこに行くにも歩くしかなかった。 今はウオーキングとか健康のために歩くということはあっても、たいていは乗物を利用する。時間に追われていることもあるし、歩くことが少ないから足も弱くなっている。元気な子ども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸ウオーク

やっと青空が見えたのでウオーキングに出かけた。沿線散歩のガイドにある神戸の街を選んだ。おにぎりを急ごしらえで作った。これだったら歩きながら食べられる。それで、いつものように出だしからドジを踏む。 電車のホームに上がってから、せっかくのおにぎりがバックに入っていない。改札に頭を下げて取りに帰ることに。20分ほどのロス。また気がつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良公園

この2、3日は青空が広がって、春の陽気をさらに通りこしたような暖かさだった。気象予報では週末からは雨になるとあった。そうなると、せっかくの好天気をむざむざ家で過ごすのはもったいない。 毎年、電鉄会社から沿線散歩といういくつかのウオーキングコースを紹介したパンフレットが発行されている。いつもいつも家のまわりを歩いてものうがない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平城宮跡

毎年この日(11日)に行われるラジオウオークに行ってきた。去年は休んだけど、これまで何回か参加している。今までは不便だったが、阪神が近鉄とつながって奈良まで直通で行く。 ずいぶん奈良方面が近くなった。尼崎から快速急行で1時間ほどしかからない。リックを背負った年配の人たちに混じって、奈良のすぐ手前の新大宮で降りる。あいにくの雨も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more