テーマ:人生

遠回り

1人で自転車に乗ったり、歩いたりしているときはどの道を行こうが勝手だ。それがほかの人といっしょだとそうはいかない。同じところに行くにも、まっすぐとか左とか、人によって決まった道があるらしい。 これが身内といっしょだとすさまじいことになる。交差路にさしかかるたびに、後ろから右に行け左に行けと声がかかる。それだったら自分が先頭で進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰り道

だれしも明日の天気とか、予定のある何日か先の天気とかは気になる。まさかその日が雨になったらいいと願う人は少ないだろう。さらに風があるとか、風向きがどうとかいう人はもっと少ないはずだ。 でも、海とか屋外で働く人たちにとっては気温はもちろん、風の情報にも関心が強いにちがいない。というのも隔日おきぐらいに、畑に行くのに自転車で往復1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死生観

この数日どうしたわけか早く目が覚める。まだ外が暗いのでもう少し寝ようとするが、もう十分だと体がいう。5、6時間も睡眠がとれれば、満足するのかもしれない。 それに横になっているのに、体がやたらに重たい。まるでよろいを着けている感じがする。別に体調がよくないということでもない。老いるということがこういうことなのだろうか。 春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴール

ご近所のお年寄りが亡くなられた。昨晩の通夜と今日のお葬式に参列した。ほとんど面識がなかったけど、老人会の役員をしているし、式場への送迎バスも出ていて、そういうことになった。 普段におつき合いがあるとか親しい関係であれば、何をおいてもお別れをということになる。でも、ただご近所だけとか、それほどに関わりがないのに、こうしたことでむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去

月日がまたたく間に過ぎていくが、2月はとくに早い。ほかの月に比べて2、3日少ないのだから当然かもしれない。月々に決まったことがあると、もうやってきたということになる。ただ、また給料日ということにはならない。 最近ビデオなどの早送りの映像をテレビで見ることがある。意図的に早送りして、その動きのおかしさを楽しむことだろう。人の所作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年、ケズイックコンベンションという講演会があって45回目になる。今年は桜ノ宮にあるリバーサイドホテルで3日間行われる。第1回目から出席しているので、今回も楽しみにしてきた。いつも2月の同じ時期で雪がちらつくことがあったりして、今日も寒かった。 阪神の出屋敷から切符を買うのに、ふと環状線に乗るのだからと西九条までにした。少し遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分史

昨晩はなかなか眠れなかった。いつもだったらバタンキューで、横になればすぐに眠りに落ちるのに。雨も降ったりしたから、あまり歩かなかったこともある。やはり睡眠のためにも、日中はよく体を動かし、少し疲れが残るぐらいがいいのだろう。 高校のときのクラス会の案内がきた。どうやらほかの学校と合併して、校舎がなくなってしまうらしい。最後にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切手シート

用事があって郵便局に行った。もう15日を過ぎていたから、年賀はがきの当選番号が発表されているはず。でも見わたしてもそれらしきものはない。窓口で聞いてみると、24日が抽選日だという。 別にどうでもいいことだけど、ささやかな楽しみであることにもちがいはない。お年玉というのだから、抽選が遅すぎるという意見もある。どうやら、年が明けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の目標

年が改まると今年こそということがある。その1つは日記だろうか。何度も挑戦したことがあるけど、生きて70年にもなってもまだ1度も続いたことがない。だから山ほどある他のことにしてもいうまでもない。 アンケートで今年の目標ナンバーファイブというのがあった。うしろからいうと倹約・貯金、語学、各種の趣味、旅行、そして意外というか、やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペーソス

毎日配信してくれるメールマガジンを楽しみにしている。その1つはお散○デジカメといって、その日撮した写真を1枚見せてくれる。有料版もあるんだけど、ケチって無料のものでがまんしている。 どうしたらこんな上手に写真が撮れるのか、といつもいつも感心する。マガジンには写真だけでなく、文章も添えられている。写真のことにかぎらず、私事にわた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物差し

新聞に「物差し」というタイトルのコラムが載っていた。時代の移り変わりで古いことばが、いつの間にかすたれて使われなくなることが少なくない。ところが、この物差しということばは古くから使われてきたが、今もりっぱに通用している。 スケールとか定規のことを物差しと言う人は、かなりの年配の人にちがいない、と思う。なんとなく古くさく聞こえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画展

このところ朝は外がまだ暗いので朝寝坊ばかりしている。早朝のラジオ体操も間に合わなくて、終わってしまっていることが多い。でも軽くジョギングかウオーキングかはしないと、朝が始まらない。 久しぶりに風呂屋に行き体重を量ったら、3キロもアップしていた。ずっと50キロそこそこだから、わずかな増量でも体感度は大きい。よく動いているし、大食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工場見学

定年になって早10年を過ぎる。朝はいつまで寝ていても何のさしつかえもない。昼間も何にも拘束されることなく、わがまま好き勝手に過ごすことができる。これがもう当たり前のことになっているけど、夢のようなことでもあった。 仕事がいやでたまらなかった。何度も会社を辞めようと思った。3交代の夜勤は特につらくて、みなが寝静まるころに出勤する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勘ちがい

本を読むときは体を使わない。頭を使うより体を動かしているほうが性に合っている。静より動ということだろうか。でも本も読まないと脳がどんどん退化していくようで、ときに睡魔と戦っても活字を追いかける。 もちろん本といっても小説とかだけど、図書館で借りたりもする。しかし返却日までに読もうとすると追い立てられるようである。それでこの頃は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘定

学校で習ったことで、実際に役に立ったことというのは少ないのではないだろうか。工業高校だったけど、応用力学に微分や積分も何の意味があったのだろう。なんと航空工学というものまであった。 小学高学年の算数に方程式で解いても自慢にもならない。日常生活では、せいぜい読み書きができ、お金の計算がそこそこできたら十分である。しかし、あまりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リセット

秋になってNHK朝ドラの新番組が始まっている。小学校の子どもたちが中心のストーリーかと楽しく見ていたら、いきなりもう大人になっている。切り替わりの番組を見逃したら、訳が分からないかもしれない。 確か薬箱だったか、ふたを開けると白い煙のようなものが吹き出し、とたんに10数年の歳月が飛び去っている。玉手箱をもじったのだろう。ヒロイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more