バザー

画像

ものごとではいろんなケースがある。なにもないところからはじまることもあれば、すでにいくらか手配りされたところからスタートすることもある。いずれにしても期日が決まっていてオープンすることであり、まちがってもキャンセルということはゆるされない。

ほかでもないバザーのことであった。毎年のイベントではあっても品物がなければ成りたたない。本来なら日ごろから持ちよりを呼びかけてストックしていくことであるはず。でもそれがなにもないところから、やっと1、2か月まえになってスタートする。

普通であるなら、品物がそろってはじめてバザーが成立することである。なのにまったくブランクであるにもかかわらず、とにかくはじめにバザーありきで、主客転倒もはなはだしい。とはいえ、なにごとも待っているだけでは、ことがはじまらないということもある。

そもそもバザーそのものが人の善意によってかなうことでもある。それをはじめから当てこむのは無理が生じるのはとうぜんなのだろう。ともあれ紆余曲折はあっても、バザーを開催できることについては、おおくの人の無償の行為が結実してのことで喜ばしいことにちがいない。

たしかに毎年どれぐらい集まるのか憂慮することである。そうであるけど実際ふたを開ければ、ありがたいことに年々すくなくなってきてはいるものの、いつも山ほどの品が届いている。やはり日ごろから気にかけてくれる人たちがいて心づよいかぎりである。

べつにバザーにかぎらず、なんにしてもものごとがスムーズに運ぶほどあまくはない。たとえば、なにかを実施するにしても、月日や時間の予定も決まらないで、とにかく準備が整うまでと待っていたら、いつまでたっても実現のめどはたたないことだろう。

あるいは借金を返済する場合にしても、あるとき払いなどということは普通ではないことだし、計画的に定まった月日にあわせて返していかなければならない。たとえが適切でないことであるけど、なにごともいくらかプレッシャーがかからないと、ことが進まないということはある。

ともあれ、営利的にバザーによっていくらか収益を当てこむことは当然であるにしても、もともと厚意で提供されたものである。多少無理があっても協力したいという人たちがいることであり、世の中捨てたものでないということにつきる。

ことごとに掘り出しものをさがしてる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック