惠老の日

画像

秋になると老人クラブのかかわりで、いろんなイベントがある。先日も地域のまつりで裏方のお手伝いだった。バザーの準備であったり、アトラクションの出演者の受け付けとか、スタッフのはしくれに加わったことで、その大へんさもわかったことではある。

毎年恒例のことではあるが、いつもは雨の日とかち合うことがあるのに、とくに今年は天候もよかったので、ことのほか盛況だったようだ。なにしろ入場者が1万3000人だったというし、バザーの売り上げにしても16万円ほどあったという。

ところで、先日は惠老の日であったので教会でもごちそうをよばれ、高級のお菓子までいただいて祝っていただいた。といっても参加者の3分の2ほどが対象者の老人であったから、申し訳ないことであったが、それにしてもありがたいことである。

もうひとつはなんと表彰を受けたことであった。町内の老人クラブの役員になって7年になり、年功序列でその対象になったらしい。それにしてもそんなにも年がすぎたとはおもえないが、大したことはなにもできてなくても、なにかと忙しくしてきたことがあったからかもしれない。

およそ表彰などとは無縁のことであったので、当日はいささか固くなったことでもある。なれないネクタイもしめて会場に出むくと、いちばん前のそれも中央あたりの席にすわることになり、10人ほどの人たちといっしょに市長からじきじき賞状とお祝い品をもらったのである。

それにしてもなんとも晴れがましくて面はゆいかぎりであった。できたらあまり目立ちたくないし、たとえば歩くにしても先頭よりできるだけ人のうしろを歩きたい。カラーにしてもあまり目立たないグレーのほうがいい。まちがってもいちばんにはなりたくない。

それにトップに立つよりもうしろに追ずいしていくほうがらくであり責任をおうこともない。もちろん、ときにはわれ先にということはあっても、いわゆる引っ込み思案というのか考えすぎであったり、なにごとも消極的であることではある。

なによりひと前にでると緊張することでもあるし、中身が空っぽでおたおたするだけである。だとしてもそうともいっておられず、むりやり押しだされて引っこみがつかなくなることもあり、こんな才になってなおストレスがたまることからのがれられない。

表彰状小中高以来かな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック