5年

画像

いろんなことに挑戦することがあっても長続きしたためしがない。いたずらに歳月ばかりを重ねて今に至っている。もし小さなことでもコツコツ続けていたらと、悔やまれてならない。

ところが1つだけ例外があるとしたらここの書き込みだろうか。というのも、ブログの事務局から祝5周年のメールが届いたのだった。そんなにも長く継続してこれたのが不思議でもある。

ほんとのところ毎回、書くことがないというか書けないのだ。それこそ乏しい語いを振りしぼって、ひと言ひとこと文字を連ねていくことだろうか。日付が変わりかけることもしばしばある。

それがなんと途絶えることなく続いてきたのだった。それに普通だったら書くことに慣れてくるはず。なのに逆にますます難しくなってきて文章がつながらないのだ。

とにかくテーマが決まらなければ始まらない。それにタイトルがあるけど、これはあとでもいい。それにしても頭のなかが空っぽなのだ。せいぜい2、3行を書くともうあとが続かない。

あるいはスランプということもある。スイスイとうまくいっていたのに、急に理由もなくトーンダウンすることは、なんにしてもよくあることだ。なにしろ5年も続いてきたのだから。

ところで見かけ倒しとかいうことがある。見てくれと中身がちがうということは、ごく当たり前なのだろう。それが見せかけとなると、たちが悪いということになる。

ほかでもない本のタイトルのことだった。本を買うにしても表紙を見て、面白そうだとか、関心をそそるものがあって手にするはずだ。それが読んでみたら、まったく期待はずれということがある。

気を引くとすれば老人向けとか、こころ温まるような話とか、あるいはカルチャーのようなことかもしれない。それがたとえば、主人公がじいさんのはずが若者であったりする。

「学問」というタイトルだったので、読んでみたら内容とはなんの関係もないのだ。もちろん小説だから、学術書を推測したわけではないけど、あまりにも表紙と中身がかけ離れていた。

本の題名のことではなくて、できたら見かけ倒しより、見かけによらないほうがいいのだろう。少なくとも、あとでがっかりさせられることはないのだ。それでいえば、なんでも控えめにこしたことがない。

それにしても書いていることが支離滅裂ではないかのか。でもでなかったら、5年も続くはずもなかったのだし、なんでもいい字数が埋まればかっこうだけはつく。

着るものにまでボロが出る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック