白と黒

画像

白と黒といっても何のことはないネクタイのことだ。いろんな色や模様のネクタイがあるけど、無地のこの二つの色については出番が限定されるようだ。

白が色かどうかはともかく、黒とはより対照的であることにはちがいない。それで物事を区別するのに都合がよく、ときどきに応じて使い分けられるようだ。

とはいっても、べつに赤と黒とか他の色であってもいいはずなのに、こういう色分けはおそらく日本だけなのだろう。それが結婚式には白のネクタイ、お葬式には黒ということになっている。

でも結婚は人生の墓場だというし、死んでいくことが天国へのがい旋であるとすれば、白黒が逆転してもいいはずなのだ。そうはいっても世間の慣例には逆らいにくい。

ところで世の中、祝いごとや喜ばしいことは希有なのだろうか、黒いネクタイを結ぶことがやたらに多い。でも久々に白いネクタイのデビューがめぐってきた。

というのも今日はおいっ子の結婚式だった。梅田から中之島にあるホテル行きのシャトルバスに乗ったらすぐだった。親族だけの40人ほどが招待されていた。

普通の結婚式とあまり変わらなかった。でも、なんと人前結婚式ということで、形式にとらわれないシンプルな、それでいて人情味があって好感がもてた。

新郎に感想を話すとキリスト教式でもよかったのだそうだ。ただ、ふたりで相談してこういうことになったという。たぶん予算の関係もあったのだろう。

ウエディングケーキのような豪華なものはなかったけど、かた苦しいスピーチを聞かされることもなかった。食事をとりながら和気あいあいと楽しい披露宴だった。

少なくともウエディング姿のお嫁さんは、色にたとえれば白であることに異論があるはずはない。喜びで笑顔いっぱいの若いふたりに声援をおくり、そのしあわせを願わずにおれない。

いただいたしあわせのおすそ分け

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック