テーマ:旅行

高野山

老人クラブでは年のうち春と秋とあわせて3、4回は旅行がある。いちおうは役員ということになっているので、ほとんどは参加することになる。そうでもなければ費用のこともあるし、かならずしも行ってみたいところとはかぎらない。 それでべつに仕方がないということからでもなく、お金がかかるのはともかく、一日であれ二日であれ、どこへいくにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちがい

夏の疲れがまだ残っているからか、すこし歩くだけですぐにへたばってしまう。そのぶんよく眠れることがあって、この日曜日の夜なかには台風が通過してはげしい風と雨が降ったというのに、なにも知らないままに朝をむかえたのだった。 まだまだむし暑い日がつづいているにしても、猛暑のひところからすると朝夕はすっかりしのぎよくなった。それで疲労感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのずから

春の陽気のせいか体といえば気だるいし、気分も下むきになってなにをする気もおこらない。それであって、おのずから、というそんなことばがふいにうかぶ。強制されてでもない、義務感からでもない、自発的にむくむくとつきあげてくるようななにかであるのだろう。でもそれを待っていては、いつまでたってもことがはじまらない。 それでしきりに思いめぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うず潮

先週はなんというかスケジュールがかさなって家でゆっくりすることがなかった。ただそれらの用むきの日程がバッティングしなかったという点ではラッキーだった。なにしろ日帰りと一泊の旅行があり、地域の集まりではおなじ日であっても午前と午後でわかれていてどちらにも顔をだすことができたのである。 どういうわけか毎年5月のこの時期に出かける機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒豆

すこし涼しくなってきてまた暑い日があったり、長そでになってまた半そでにもどって、それでも朝はもうヒンヤリして肌寒くかんじる。すると体があたたまることを要求するように走りだすこともあったりして、怠けぐせのついてしまっている体に火がつくようでもある。なにしろこのまま老けこんでしまうわけにはいかない。 ところで秋になるといろんなイベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠からず

もの忘れがひどくなって予定などがあるとかならずカレンダーに書きこんでいる。紙のカレンダーとともにスマホのそれにもちゃんと打ちこんでおく。ところが9月と10月のカレンダーをみると、みごとにいろんな行事などで埋まっており、なかには予定が三つも重なっていたりする。 時節がら運動会であったり、地域のお祭りでバザーの準備があったり、講演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D/T=S

日ごろ車はもとより自転車もほとんど乗らずにできるだけ歩く。べつに急ぐことはないし、健康上にもいいからでもある。そんなこともあってか乗りもので遠くにいくにしても、飛行機や新幹線よりものんびりと在来線に乗っていくほうがいい。それで期間はかぎられるとしても、なにより格安になる青春18きっぷはうってつけである。 もちろん先日の鹿児島ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春18きっぷ

九州に上陸して北上していた台風15号はほぼ日本海をぬけたというし、向こうに着くころには天気も回復しているはずである。一日延ばしもやむえないかと思っていたが、予定どおり25日(火)に行くことにし、あちらで一泊して3日間で帰ってくるつもりだった。それが思いがけず台風をみくびってしまったようだ。 というのも関西に出てきている孫が青春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時刻表

ひところの暑さもいくらか和らいでとてもしのぎやすくなってきた。少なくとも日中に35度をこえるような猛暑日はもうやってくることはないのだろう。一度焼けつくような暑さを経験すると、気温が30度をいくらか下まわったりするだけで、どこか涼しさを感じるようなこともあって、いかに人の感覚がアバウトであるかということでもある。 それで高齢と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体検査

もうひと月もたつのに中国旅行の得がたい体験の余いんがまだまだ抜けやらない。撮したたくさんの写真をなんども見ながら、そのときどきのシーンがよみがえってくる。それに出発の日に電車待ちのホームでなにげなく撮した旅行用のトランクが、あとあと証拠にもなって役にたったのである。 というのもそれが娘の所有物で、若い女性好みのオレンジ色のとて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割りこみ

中国から帰ってあっという間にひと月ほどがすぎた。わずか10日ほど滞在しただけで、よその国のことはよくわからないけど、ただ国土は広いし人口の多さにしても、島国の日本とはそのスケールからして比較にならない。そんなところで生きぬくためには、よほどたくましくなければならず、ときに人を押しのけてわれ先にという強引さも欠かせないようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビリでも

先だっては老人会のバス旅行があった。中国から帰ったばかりなのに、いささか旅行づけになって食傷気味でさえある。それにリハビリづけで旅行などかなうはずもない身内がいることからの後ろめたさも感じないわけではない。でも参加者がいつになく少ないというし、再募集の呼びかけにやむなく参加することにした。 世のなかにはなにもすることがなくヒマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の疲れ

まさかの海外旅行に出かけることになって、金曜日から次の週の土曜日まで9日間ほどであったけど、無事に帰ってこられたのがなによりである。いちばんの気がかりはやはり体調であって、旅先で倒れたりでもしたら大へんなことになっただろう。でもとくにトラブるようなこともなく、空港でよその人の荷物につまずいて転けたことぐらいであった。 なにしろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの旅行

5月は年の月のうちいちばんさわやかな季節になるのだろう。でも最近は暑いときと寒いときが急にきりかわったりするし、服装にしても半そでか長そでかでまよったりする。それにはや台風もやってきて気まぐれのようでもある。そうでなくても5月は誕生月でもあり、いやでも歳を意識してしまう。 人の誕生日などほとんど気にしないのに、なん人かの人から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆるゆる

暑さもいつしかした火になってきてもこれまでの習性をすぐに切りかえがむつかしい。さすがに半そでのままででは寒くいそいで長袖に着がえ、夜なかにはがまんができず厚いふとんをかぶることになった。とはいえ日中は暑く汗ばむこともあり、気温の変化にうまく対応できず、気がつくとカゼをひいていたということにもなりかねない。 馬こゆる、食欲、行楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小豆島

老人クラブの一泊旅行に参加した。家の近くまでバスが迎えにきてくれるのである。ゆき先は瀬戸内海の小豆島で、尼崎から姫路まで1時間40分ほど走ったあと、フェリーでやはりおなじ時間ほどの船旅をへて目的地につく。途中に姫路城に立ちよったりしたが、思いのほか近くにある島というのが実感であった。 ずっと昔にまだちいさかった子どもたちをつれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時刻表

あいかわらず月日の移りゆくはやさにおどろいてしまう。気がつけば3月もはや3分の2ほどが過ぎてしまっている。もう学校は春休みにはいったのだろうか。テレビをつけてみたら選抜高校野球の開会式がはじまっており、そんな世のなかの動きにもすっかり鈍感になってしまっている。 ところで少し前に本屋によったついでにJRの時刻表を買ってきたのだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス旅行

団体などの旅行のゆき先をきめるのに投票できめることもあるようだ。いくつかの業者からいくつかのコースの見積もりをとってくる。そのうちの2つ3つに票があつまってときに決選投票になることもある。だいたいゆき先の好みも共通するものがあるのだろう。そしてきめ手はやはり値段になるのかもしれない。 ときによったらもう何度もおなじところに行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京見物

ねんきん暮らしだしあまりぜいたくはできない。したがって旅行などできる身分でもない。それが先々月、先月と一泊旅行に出かけたのだった。一般的には東京見物と伊勢まいりということになるのだろうか。東京は中学校のときの修学旅行で、伊勢のほうは小学校の同じく修学旅行以来だった。 東京は会社のOB会の誘いがあったからだった。それももう50年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒暑

暑いのか寒いのかわかりかねるときがある。朝夕と日中との寒暖の差が大きいともいう。晴れているときと曇りのときでも、ずいぶんとちがってくるようだ。 一応長袖のシャツを着ているが、電車に乗ったらバンバン冷房が効いていて気分がわるくなるぐらい寒かった。人によったらむし暑かったというし、個人差もあるのだ。 気温によって体調も敏感に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰りバス

忘れないように週のじめに今週のカレンダーに予定を書き込んだ。週末には運動会や結婚式があり手抜かりはないはず。それがやっぱり抜けてしまっていた。 なにげない会話の中で旅行という言葉を聞いてハッとする。ひと月ほど前に老人会の日帰り旅行を申し込んでいたのである。すっかり頭から消えていたのだ。 それが2日前、外出していたら同じ日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車旅行

テレビは見たい番組があって見るときと、たまたま映っているのでそのまま見てしまうことがある。朝はほぼ習慣的にBSの朝ドラを見ている。困るのはそのあとである。 すぐにテレビのスイッチを切ればいいのだけど、そのままつけているのが自然な流れになる。そしてあとの番組も続いて見てしまうということが多い。 自転車旅行というのか、視聴者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポジション

なんにしても同じことばかりだとマンネリズムになってあきてくる。部屋の机や家具などにしても、ときどき位置を変えてみたりすることがある。気分転換にはなる。 でもものによったら、どうしても動かせないそのもののポジションがあるかもしれない。会合などでいつもの席のその場所でないと、どうも落ち着けないということがあったりする。 たと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽路

木曽路にある馬籠宿を歩いてきた。小雨が降っていたけど、昔の名ごりのお店が並んでいる石だたみの坂道だった。色づいたまわりの山々も新鮮で、ここを歩けただけでもよかったのかもしれない。 一か月ほど前に地区の老人会会長がやってきて、地元から連合会のバス旅行に行く人がいないらしい。それでぜひ参加してほしいという。気が進まなかったが、頭を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島

あまり気が乗らなかったのだけど、少し前に老人クラブ主催の日帰りバス旅行を申し込んでいた。行き先も近くの淡路島だし、これまで何度も行ったりしている。 でも老人クラブの行事でもある。参加することに意義がある、ということかもしれない。それに取りとめのない毎日を過ごしている。たまには、ちがった外の空気を吸うことがあってもいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋

本末転倒というか主客転倒というか、本来の目的や事柄を取りちがえることがある。ゴールをめざしながら道草をくって、もとの道からどんどん離れていくといったこともそうかもしれない。 ちぐはぐで結局なにをやっているのか、訳がわからないということもある。というのも、以前に利用した青春18切符が1回分残っている。むざむざおシャカにするのもも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中温泉

なにやらよくわからないまま、孫の夏休みにあわせて2泊3日で福井まで行くことになった。最初の日は青春18切符で敦賀まで行くと、車で迎えにきてくれていた。 そのまま電車だと1時間ほどで福井に着くけど、車で海岸線を走る。もう少し夕方だったら、きっと夕日がきれいにちがいない。途中から山にはいるとヒグラシの声が聞こえ、いいドライブだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非日常の日

毎年春には老人会の日帰り旅行がある。今年は東日本の震災でてっきり取りやめになるはずだった。ところが世間では、それではいけないという流れになっている。 年に一度のことだし、この日を楽しみにしている人もいる。それでやっぱり実施しようとなった。でもことはそう簡単でもない。財政緊縮で公的援助が今年から廃止されたのだ。 したがって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうつけー

毎日が休みだし、当てもなくぶらぶらと過ごす人も多いはず。仕事をもつ人にとっては羨望のかぎりだろうけど、世の中忙しい人とひまな人がいて両極かもしれない。 それでときには旅行にでも行けたらいい。さっそくチャンスがめぐってきた。日帰りのバス旅行、福知山にある自衛隊駐屯所の見学のツアーに参加した。 去年もびわ湖の近くにある部隊に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り旅行

すっかり年寄りが板についたみたいだ。地区の老人クラブの日帰りのバス旅行に参加した。まだ若いつもりだから行く気はなかったのだけど、近所の人も行くというのでつき合うことになった。 前日が雨だったのに、この日は晴れていい天気になった。ちなみに次の日はまた雨が降った。いいタイミングだったわけで、後になって旅行の楽しい余韻が、さらにふく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more