テーマ:政治

選挙

日曜日の夜はよほど大型の台風だったのだろうか、ビュンビュンと風が吹いて、ときおり家がゆれるようで寝つけなかった。最大風速が40メートルをこえたとか、竜巻の注意報がでてもいたので気がきでなかった。こんな暴風雨は久しぶりかもしれない。 ちょうど夕方にはどしゃ降りのなか投票にでかけたのである。家からでるにでられずという人もいたかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大わらわ

おなじような毎日でも、なにもすることがなく手持ちぶさたの日もあれば、てんてこ舞いの大いそがしの日もあったりする。予定がかさなって断りの電話をしようとしても、こんなときにかぎってつながらなかったり、たのまれた買い物があってどうしても買っておかなければならない。 そのうえ午後からは家の耐震検査をすることになっているらしく、家具の移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スルー2

いつものように朝のラジオ体操がおわって家にかえり、テレビのスイッチをいれたのである。なにやら記者会見のようでミサイルがどうのとか、以前のビデオを再放送でもしているのかとおもいきや、またまた北海道の上空をミサイルが飛んだと大さわぎになっている。 それにしてもついこないだは核実験であったし、これからもボンボンとミサイルが飛ぶのが常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライン

あたまの髪がのびてくるといつもだと鏡をみながら、左右にうしろと髪の毛をつまみ適当にきってすましていたのである。それがいつものようにしっくりしなくてほぼ一年ぶり、その前はたぶん数年ぶり、尼崎の駅下にあるカットをするお店にはいったのだった。 先客がひとりいて横にすわりかけると、すぐそばに自販機があって店員さんからチケットを買うよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騒動

ひょっとしたら熱中症とやらに片足突っこんでいるようなことかもしれない。歩くのもしんどいし、プチだけど気分がわるくなったり、朝のラジオ体操も苦痛でしかない。水分をとれというが、ガバガバ飲めるわけがなく、それでお腹をこわしたらもともこもない。 とはいえ朝夕のウオーキングだけは休みたくないし、ただ自制して外出だけはひかえることにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面従腹背

3月4月はいろんな行事もあってよく出かけることになる。とくに近くの小学校は少子化にともない今年度から廃校になり、べつの学校と統合することになっており、通常の入卒業式にくわえて閉校式とか開校式とかがあって、そのたびに地域の老人クラブなどにも式典の招待状がとどく。 それらが楽しいことであるならともかく、どちらかというと気がおもくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワニ皮

オリンピックのエンブレムをめぐって騒動がおきている。よくわからないが、たかだかシンボルマークみたいなものを作ったり決定するのにあまりにもぎょうぎょうしい。それでオリンピックの出来ふできが決まるわけでもなく、とはいえ水戸黄門の印ろうみたいなものだろうか。「この紋どころが目にはいらぬか」みたいな。 なんにしても視覚的にかんたんな文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横紙破り

先週にはセミも鳴きだしてもう本格的に夏に突入しているようでもある。普通だと梅雨明けとかの情報があってもいいのだけど、後だしジャンケンみたいに実はもう明けていました、といったこともあるかもしれない。というのも台風がまともに北上してきており、嵐のまえの静けさだろうか、その後にまた季節がもどることもあったりして。 なんだかんだいって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明不要

気温の変化がはげしくカゼをひいて咳きこんだりしている人をよくみかける。それに梅雨どきのようによく雨がふり、それも朝がたがおおくてこのところ公園でのラジオ体操がずっとできていない。せっかくの桜にしてもじゅうぶんに楽しめないまま散ってしまって、雨にぬれた道路上を無残に埋めつくしている。 この日曜日は選挙の投票日であったが、いつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不掲載

食事のあとや寝るまえには歯をみがくのであるけど、ときどきみがいたことを忘れる。今しがたのことがまったく記憶からとんでおり、口のなかの状態をたしかめるにしてもいまいち確信がもてない。それで歯はいくらみがいても損はしないのだから、とアドバイスをうけるがそんな問題ではないのである。 夜なかはべつにしてふだんは家のカギはかけないでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメとムチ

たとえば小学校でクラスの学級委員を選挙で決めることがある。15人ほどの小さなクラスで投票をおこなったら1位の人が6票をあつめ、ついで2位が5票、3位が4票となり、その結果1位の人が委員長にえらばれた。でも2位と3位に票をいれた人からはちょっと不満があるようである。 全員の3分の1ほどにすぎないわずか6票で決まってしまう。かりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保護

用事があってでかけたところマンションのちかくで自転車からおり歩きかけてすぐ後ろから呼びとめられる。オートバイに乗ったおまわりさんで、どうやらうしろからつけられていたようだ。いきなり名前をきいてくるので答えると、もう一度といいフルネームでいえといわんばかりである。 いくら警察官とはいえ失礼きわまりない。普通だったらまっ先にこれこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同一カード

少し前にたしか11月だったかに行う市民マラソン参加者の募集をしていた。3㎞と5㎞と10㎞の3コースがあった。べつに記録に制限があるのでもないようだし、少しトレーニングをつめば、かりに10㎞であっても走れるかもしれない。でも当日が日曜日になっていたのであきらめた。 そんなことがあってから、ほかでもない新聞に載った脳トレのパズルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファジー

なにもいわないで黙っていると知らない間に同意したというか賛成したというか、そういうことになることがよくある。選挙などであったら、いつの間にか候補者の後援会員になっていたりする。迷惑なはなしである。 街中にでて大ぜいの人が歩いている。方向が同じなので後ろをついて行くとなにやらデモ隊の行進であったりして、メンバーのひとりにまちがえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失速

わかりきったことだけど朝が起きづらい。外がまだ暗かったりするし、寒いうえに体調ももうひとつなのかもしれない。それでも、いつものように外に出て軽いジョギングをする。 すでに国道には車があふれて走っており、通勤にむかう人たちが大ぜい見られる。当然この人たちはみな、朝まだ暗いうちに起きて家を出ているのである。 そう思うと安眠を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離合集散

今年よく売れた本や、子どもの名前のランキングとかが新聞に載っていた。ベストテンということもそうだけど、他にもいろいろあるのだろう。忘れもののランキングとかもあるかもしれない。 電車などでのいちばんは傘だろうか。そういうこともだけど、もの忘れということである。今しがたものをどこに置いたのかとか、人の名前を忘れるとか、いちいち上げ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

セレクト

クイズには二択とか三択とか四択とかいうのがある。その中に必ず一つ答えがあるのだから難しいということはない。当てずっぽうであっても正解の確率はわるくない。 ところがクイズではなく実社会のなかでも、いくつかの中からどれかを選ぶということが少なからずある。ただ困るのはそこに答えがあるのかないのか、あるいはいくつも答えがあったりする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正の字

世の中には自分がいちばん正しいと思っている人が少なからずいる。絶対にまちがいを犯すことはないと確信しているのだろうか。そんな人は石部金吉か、あるいはよほどの変人かもしれない。 というのも先日も編集会議というのがあった。地域の老人会で年に2度発行する数ページの会報のようなものである。集まった原稿の仮刷りされたものを読み合わせるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金

少し前退職した会社から、企業年金に関するずっしりとした資料が送られてきた。そのうち見ようと思いながら忘れていたのだ。どうやら給付金の引き下げについてのことらしい。 その説明会をするので同封の出欠のはがきを送れとある。その投函のリミットが今日だった。必着というのではないようだし、夜になってポストに放りこんだけどセーフだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック

自分の国のこともよく分からないことが多い。だから外国のことなど分かるはずもない。でも海外ニュースなどで世界の様子などはいくらかマスコミで知ることができる。 たとえば、おとなりのそのとなりの国の国家元首だろうか、となりに映った女性が奥さんか妹か、はたまた恋人か話題になったことがあった。どうやら夫人ということになっているらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もろびと

クリスマスが終わるとツリーやイルミネーションが早々に片づけられ、すぐに正月の準備に忙しくなるのだろう。世間のムードががらりと一変することに戸惑いを感じないでもない。 日曜日の新聞に賛美歌「もろびとこぞりて」を引用しながら、同志社大学教授の論評が掲載されていた。「分かち合う一つの地球」、サブタイトルに「広げたい諸人の絆」とあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒船

20匹いた金魚が11匹になった。元気にしていたのに、いつしかバタバタとこと切れていく。水槽の水を全部替えたら、なんとか半分は生き残った。 何日かすると、また元気がなくなって動かなくなってくる。もう倒れかかっている金魚もいる。急いでまた水を替えた。するとまた、息を吹き返したように生き生きと泳ぐようになった。 エサを与えすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレージー

うだるような暑さのせいだったのか、異変が次々に起きた。まずテレビがおかしい。近づいただけで、勝手にスイッチが入ったり切れたりする。人間をリモコンとまちがえて認識しているふしがある。 次はパソコンのマウスだ。全然反応しなくなった。別のノートのほうもなにやら動きがおかしい。マウスは交換したりして、今ではそれぞれ一応落ちついている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反対賛成

朝刊の川柳にこんな句があった。「原発のニュースが減った済んだのか」。原発事故が緊迫状態からいくらか落ちついたのだろうか、人々の関心が薄れていく様子をよんでいるようだ。 同じく一面トップには世論調査の結果が載っており、もう一つは原発の存否についての回答だ。すぐにも廃止、時間をかけて減らす、存続の三つのからの選択がある。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘビーリスク

朝のドラマでヒロインが見合いをすることになる。男性の母親が勝手に決めてしまう。お母さんが良いという人だから不服はない。物を大事にする人だったら良いという。 今だったらどうだろう。相当のマザコンにちがいない。お金にうるさいケチ臭い男になるのだろうか。とんでもない、よくできたお母さんだし、物を粗末にしないのは今も昔も変わるはずもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカヤロウ

日本列島の北と南で領土をめぐる揺さぶりがあり、そこへまた朝鮮半島に砲撃騒動があって、きなくさい臭いがくすぶっている。それに対して、日本政府の弱腰と無策に歯がゆさを感じる人もいるのだろう。 たしかに、武器を持つ相手にまる腰で向かっていくことはできない。だからといって軍事力に頼るのは、またもや悲惨な歴史へのユータウンでもある。どち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛

個人的には痛くもかゆくもないのだけど、日本主権の領土が今、南から北からと外国に侵害されていて、政府の弱腰外交が批判されている。 もともと無用の価値のない離島であったりして、今ほどシリアスな領土問題とはならなかったのだろう。それが最近になって石油や天然ガスなど、豊富な資源エネルギーの存在が分かってきたということだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会中継

いろんなテレビ番組のなかの一つに国会中継がある。つまらない番組も多いなかで視聴率はかなり高いのだろう。質疑での質問者もテレビを意識し、パネルを見せたりしてさかんにアピールしている。 先日も野党の質問者がいみじくも、この番組を見ている人が...と言ったので失笑をかった。たしかに国政を左右するような重要な国会中継を、ほかのお笑い番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隔靴掻痒

先日サーカスに行ったとき、入り口付近にこんな断り書きがあった。フラッシュ撮影禁止、デジカメなどカメラの持ち込み禁止。フラッシュを使わなければ写真を撮ってもいいのか、一方ではカメラを持っていたら入場できないのか、判断に迷ってしまう。 他にも、いまいち判断しかねるような文面をよく見かけることがある。イエスかノーかわかりにくい、あい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーサイド

先週までの二週間、民主党の代表選があってマスコミはにぎにぎしかった。でも、しらけて傍観していた人も多かったのではないだろうか。一国の総理大臣を選ぶのに、一般人は口出しできないこともある。 なにより規約とはいえ、三か月前には代表選があったばかりなのだ。それにそのときに、政治とカネの問題で責任を取ってやめた人が、再びのこのこ出てき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more