テーマ:人生

何才まで

いつのころからか年上の人たちがだんだんいなくなり、そうでありながら気がつけばはまわりは高齢者ばかり。というのもなにかと年齢を気にすることが多くなり、ひとに会えばまず年齢を聞くことであり、新聞の投稿欄などではいちばんにそのひとの年齢に目がいく。 とくに有名人の訃報の記事やお悔やみ欄であったりすると、経歴であるとか病名もそうだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっぷく

すっかりなまくらになってしまった。もともとがそうであるけど、なにをする気もおこらず、これまでのように気がるに外に出歩くこともできない。家にいるとなにしろこの暑さで動くのもめんどうになり、イスにすわり足をテーブルに投げだすのが定番のスタイルになった。 そんなことでも朝のラジオ体操だけは欠かすわけにいかないが、そのときのようすがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しあわせ

空梅雨とかいっていたが、きのうはひさしぶりに夜なかから午前中にかけてはげしい雨がふった。そして夏至ということで一年で日中のいちばんながい日であったらしい。ただそれであって日の出や日没の早いおそいとは一致しないというからわかりにくい。どうせなら、日の出のはやい日であるとか、日没のおそい日であるとか、その時間も知りたいところ。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人もよう

数日まえにはきれいにせん定されて枯れ木のようでしかなかったバラの木だった。それがやにわにみごとに花を咲かせ、行ききする人の目をたのしませている。ただはなやかさとともにいい香りもかがれるというのだけど、バラに近づいても鼻のほうは鈍感で残念ながらにおいがにおってこない。 あでやかなバラにみせられていつもより人が集まってきてまわりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

願いごと

願いごとを紙に書いてササにくくりつけると、ほんとに願いがかなえられるというのだったら、ここに長蛇の列ができているにちがいない。と書きながらほんの少しまえには長い列ができていたのだろう。ゆわえられている短冊の数をみても相当数の人が書いている。たしかに願いがかなえられるとは書いていなくて、書いてくださいというだけだし。 とはいえ書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな喜び

テレビのビデオのことだけど、日課のように毎日予約しているとたまっていく一方であり、それではいけないとまた見ることに忙しく時間をさかれることになる。どうせヒマをもてあましていることではあっても、どこか追いたてられているようでもあって痛しかゆしといったところ。 ほとんどがEテレの番組であってとくにドキュメンタリー的なものになるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒフティー

4月から新年度になるということもあって、テレビなどにしても新しい番組がはじまったり、リニューアルしてあらためてスタートすることもある。それでいつも一日のはじまりである朝、ほぼ習慣的にNHKの朝ドラをみている。前回よりさらに時代はさかのぼって明治の初期のころのドラマのようだ。 年貢の取りたてもきびしく、貧しさのゆえに子どもも働き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣き笑い

最近笑ったこととか泣いたこととかがありますか。と聞かれたことはないけど最近どころか、もうずっとご無沙汰といったほうがいいかもしれない。とくに泣くことなど大人になるとそうそうあることではない。ただ泣くほどでなくても涙をながすということではときにあるかもしれない。 泣かないのに涙をながすというのは矛盾するかもしれないけど、もともと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見せどころ

えてして学校の先生とか人にものを教えたりする人のなかには生徒から分からないことや質問などをされたときに、かりにそのことをよく知らなくてもそれなりになんらかの解釈や説明をしたりするのだろう。すくなくともよほどでないと、それについて分からないとか知らないとかいわないようである。 もちろん勉強不足であるとか経験をしたことがない、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギッシュ

めったにドラマなど見ることはないのにたまたま映っていたテレビ画面に見いってしまった。ドラマの時代背景にしても古いものだしもともと歴史的なことには興味がわかない。ただヒロインの女優にひかれてしまったというか、ドラマの内容などは二の次で歌手とか俳優とかタレントのたんにフアンだからということがある。 どうやら足尾銅山の鉱毒事件をあつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大往生

雨があったあとずいぶんとしのぎやすくなった。といっても平年よりもまだまだ暑いのかもしれない。それに今朝あたりからセミの声が聞かれないようだ。セミというと道ばたで転んでいるのをよく見かけることがある。ゴミを拾うように集めている人を見かけることもあった。 なかには手にとると、元気よく飛んでいったり、足を動かしていたり、ジージー鳴き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒ざむ

数日前には少しだけ雪が降った。朝外に出てみたら一面が雪で真っ白だった。それでこの2、3日はすごく寒く、夜にふとんに入ってもからだが温まらずよく寝れなかった。今22時の尼崎の気温はガジェットで3度Cをさしている。 入院中の家内のところに毎日一度は顔を出す。10分もかからないほどの距離だけど、自転車だと寒くてかなわない。もう自由に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエディング

今どき結婚の適齢期が過ぎても独身でいる人が多いらしい。いろいろ理由があるのだろう。多くは親と同居しているともいう。低収入ということもあるようだし、経済力がなければ難しいのだろうか。 もちろんお金のことだけではないのだろう。一緒になっても2人が働けばなんとかなる、少なくとも食うに困るということはない。そうだとしたら、ただこの人だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当たり前

トイレのドアだけど、空間が狭いこともあって半分に折りたたむような仕組みになっている。それがどこかで引っかかるのか、開閉するのに重くて仕方がない。スライドの箇所に油でもさせばいいのかもしれない。 それでよく見てみると、ドアを固定しているほうのネジが少しゆるんでいる。支点になるところが動くのだから、ガタガタするのも当然である。ネジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンディング

毎朝ラジオ体操があって近くの公園に行く。ところがこの頃はほとんど毎日、打ち上げ花火などの燃えかすが散らばっている。夏はまだずっと先だというのに。 それとも花火はもう季節に関係のない遊びになっているのだろうか。それにしても公園に隣接しているお家は大迷惑だろう。少し離れていても聞こえてくる。 夜遅くまでバンバンという花火の音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハッピー

もうコタツも片づけようとしていたところ急にまた寒くなった。あわててストーブまで使いだした。そこまではということだけど、服が薄着になっているからだ。 天候が不安定で異常気象だといわれている。雷はよくあるにしても、関東のほうでは雹が降ったり、竜巻が起こったりしている。まだまだ上空に北からの寒気が流れてくるのだろう。 北アルプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年

いろんなことに挑戦することがあっても長続きしたためしがない。いたずらに歳月ばかりを重ねて今に至っている。もし小さなことでもコツコツ続けていたらと、悔やまれてならない。 ところが1つだけ例外があるとしたらここの書き込みだろうか。というのも、ブログの事務局から祝5周年のメールが届いたのだった。そんなにも長く継続してこれたのが不思議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳月

もう1月も半分が過ぎてしまった。それに今日は阪神大震災の日から17年目を迎える。そんなにも前のこととはどうしても思えない。あの日の記憶が鮮明に残っているからかもしれない。 芭蕉の「月日は百代の過客にして」ということばがあるけど、「光陰矢のごとし」のことわざと通じるところがあるのだろうか。それほどではないにしても、どうやら旅人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯車

歴史にイフはないというけど人が人生をふり返って、もしあのとき別の道を行っていたらどんなだっただろうとか、だれしも考えることがあるだろう。まったく意味のないことなのに。 川柳に、歯車が一つちがえば今がない、というのがあった。この句を詠み、いろんなことがあったが、これまでにどれだけ多くの人に助けてもらったことか、たくさんの人生の師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒

白と黒といっても何のことはないネクタイのことだ。いろんな色や模様のネクタイがあるけど、無地のこの二つの色については出番が限定されるようだ。 白が色かどうかはともかく、黒とはより対照的であることにはちがいない。それで物事を区別するのに都合がよく、ときどきに応じて使い分けられるようだ。 とはいっても、べつに赤と黒とか他の色で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使用前

使用前と使用後でこんなにちがいます、というような何かの宣伝文句がある。写真やテレビ画面などで、同じ人物なのに別人のような姿が2つ並んでいる。 だれしもそんなふうに、みごとに変われるとは思わない。そのためには努力もし、かなりの資金の投資が必要かもしれない。なかにはまゆつばもの、ペテンまがいのものもあるだろう。 知った人に毛生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっち

クロスワードパズルのヒントに「どちらに進むべきか」というのがあった。二文字だけど答えがわからない。右か左かとかだろうけど、道でもなさそうだし。 パズルはともかく、どちらに行くべきかいつも判断を迫られるときがある。結果次第で人の人生が大きく変わってしまうとか。でも日常ではどちらでもいいようなことが多い。 ちょうど自宅が駅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自慢

何かに、人は自慢に支えられて生きている、ということばがあった。どーだ、といばっているんだろうか。でも的を射ているようで、なるほどと納得する。 たしかに、人は何かと自慢したがる。孫や子どもの自慢から学歴や肩書き、さまざまな自慢がある。何でそんなことがと思うようなことでも、その人にとっては誇らしいことなんだろう。 一方で自慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠回り

用事があって神戸のほうに出かけた。空が晴れわたってそれほど寒くもない。電車を降りて北の方に向かうと、六甲山が目の前にせまり、頂上の白い建物までもはっきり見える。 ここからだと短時間で、わけなくてっぺんまで登れそうだ。それにしても登り口がちがうだけで、同じ山でも登山する苦労は大ちがいだ。それにケーブルだってある。 それに似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お悔やみ

いつものように年末になると喪中はがきが届くのだけど、その数が年々多くなる。以前はこれほどではなかったから、まぎれもなく高齢化社会の時代であることを認識させられる。 その多くは身内に不幸があったので、年賀のあいさつ省かせていただくということのようだ。そんな場合、亡くなられた方がほとんど面識のない人でもあったりして、感情的に受けと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天体

昼に月が見えるのは珍しくない。全体に白っぽいけど、月面の模様も肉眼でよく見える。つい最近も夕方近くに東の空に浮かんでいた。昨日の21日には、その月の皆既月食が見られることになっていたらしい。 残念ながら、あいにく天気がくずれて見ることができなかった。でも北海道のほうでは観測されたようだ。ちょっとした天体ショーだったのだろうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲嘆

午前中に結婚式に参列して、幸せのおよばれをもらって帰ってきた。家でくつろいでいると、実家に寄っている家内から電話があった。「昼ご飯どうしてるの」という。 ところがそのあと、「あのねー」と続く。「○○ちゃんが、××したの。それで今取りこんでいる」「病院に行ってるの?」と聞くと、「いや、もう冷たい」 青天のへきれきとはこのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっておき

朝は食パン1枚、昼はうどんとだいたい決まっている。夜だけはもちろんごはんだけど、茶わんに1膳ほどしか食べない。時間をかけてゆっくり食べるので、少食という気はしない。 それで食パンの食べ方にこだわっている。まわりの耳の部分から食べ始めることにしている。チーズも中心にのっかっているので、まん中にいくほど軟らかくておいしくなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不在

用事があって人の家を訪ねることがときどきある。ところが今の時節、留守のときが少なくない。近くだと出なおすこともできる。しかし、遠くだとそうもいかない。 あらかじめアポをとっておけばいいのだけど、それほどたいした用事でもない。それで、今の時間だったらおられるだろうと憶測して出かけても、やっぱり不在である。 最近はたいていの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とむらい

雨もあまり降ることもなく、暑い日が続いている。のどが渇いて水をよく飲むようになる。するとお腹の調子が今ひとつ、下痢をしたり食欲も出ない。けん怠感に全身が包みこまれるようだ。 夏がくるといつも同じことをくり返している。暑いことじたいはひとつも苦にならない。ただ、暑いあつい、という声を周りから聞くことにへきえきするし、いやなクーラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more