傘寿

画像

まだまだ寒い日がつづきそうである。近くに梅の花が早咲きの品種なのだろう、みごとに開いているが、ほかの木にしてもつぼみがほころんでいるし、ちらほら花びらが開いているのもみられる。いずれにせよ、もう春はすぐそこにきているのはまちがいない。

鼻水がでたりくしゃみやセキが出ることがあっても、首まわりをいつも温かくしたり、外出にはマスクを欠かさなかったりしている。それで効果があるのかどうかわからないけど、この冬にまだ本格的なカゼをひかないですんでいる。とはいっても体調はよくない。

朝夕のウオーキングにしても起きづらくて休みがちになるし、ジョギングもこれまでの半分も走っただけでくたくたになる。それにたいした距離を歩くわけでもないのに疲れをおぼえることでもあるし、体力のおとろえは止めようがないのかもしれない。

この歳になるとあちこち故障が起きてもめずらしくないらしい。少しまえには胸のあたりがきゅうに痛くなったが、まるで心あたりがなかったのである。まためずらしくあたまがずきずきするので、血圧をはかってみると最初が175、2回目は182あった。もちろん血圧のせいなのかよくわからない。

まわりを見まわしたらお年寄りばかりである。それにたいていの人が身体の不調をかかえており、なんとなく覇気がない。ところが世間では、ちょっとしたことですぐにキレる高齢者が少なくないというから、いいように受けとれば、こちらは元気なお年寄りといえないでもない。

歳をとれば気性のはげしかった人でも角がとれまるくなるというが、ぎゃくに気短になってなににでも逆らう人もいるのだろう。なにしろ世のなかがハイテク化になって見捨てられた感がつのることであり、高齢者がいまほど敬われなくなってもいる。

体力ばかりでなく脳の働きもにぶくなることであり、みずからにいらだちをおぼえたりもする。だからといって親切ごかしに、同じことをクドクドくり返されたり、わかりきったことをいかにも難しいように、タラタラ説明されるほどイライラすることはない。

先日には長年勤めた会社のOB会からなにやら宅急便で送られてきた。包みを開いてみると、傘寿の祝いで5000円の商品券がはいっている。ありがたいことではあるが、それにしても誕生日がまだきてもいないのに、はやばやと古老の部類にほうり込まれたようでうれしくもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック