四ん葉の練習ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 野の花

<<   作成日時 : 2009/04/03 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

市民農園を1週間ほどご無沙汰していた。久しぶりに行ってみると様子がちがう。種をまいた覚えがないのに花が咲いている。菜の花だろうか、どうやら葉っぱが育ちすぎたらしい。

もう少し早く収穫しておけばよかったのに、もう食用にはならない。放っておくか、抜いてしまうかである。折角なので、少しだけ切り取って持って帰ってきた。びんに水を入れて挿してみると元気になり、意外とかわいらしい。

いろんなこともそうだけど、野菜も収穫のタイミングがある。食べごろということもそうだし、早すぎては未熟で、遅すぎては腐ったりしてくる。枯れてくることがあったり、逆に花が開いて時機を逸したりといろいろである。

桜ももう7、8分だろうか。待ちきれなくて数日前から、木の下で円座になって飲食を楽しんでいる人たちの風景が見られる。桜にも見ごろがある。

飛躍するけど、人間の顔も見ごろがあるのだろうか。可愛い赤ちゃん顔から、特に女性では、成人になると異性を意識した美しい顔に変わっていく。しかし老人になっても、しぶい味のある顔にもなる。

人の顔はもともと見る顔であったのが、コミュニケーションの手段として見られる顔に変化してきたという。実に多様な表情を見せて、喜怒哀楽の微妙な感情を表すようである。それには無意識な表情と特定の意図的な表情がある。流し目もウインクもそうだ。

それにいろんな顔がある。代々のミスユニバースの顔を合成した顔もだけど、より好まれる顔は、平均的なバランスのとれた健康的な顔だそうだ。しかし、最高の見ごろであるクレオパトラをしても野の花にも及ばない。

無粋にて名を知らぬ花ばかり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野の花 四ん葉の練習ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる